ocruyo(オクルヨ)
  • 卒業祝いに本のプレゼント!中学生に読んでほしいおすすめ本はありますか?
    決定
  • 卒業祝いに本のプレゼント!中学生に読んでほしいおすすめ本はありますか?【予算3,000円以内】

中学校を卒業する姪っ子に本をプレゼントしようと思います。女子中学生の卒業祝いにおすすめの本はどんなものがありますか?

ocruyo(オクルヨ)編集部

    • 更新日:2023/03/17
  • 1889View 21コメント
Pick
Up
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

最近次々とヒットを飛ばしている小説家、柚木麻子さんの『らんたん』。このままNHK大河ドラマになりそうな大河小説で、明治から大正、昭和と、「女に学問は不要」と言われた男尊女卑の時代に、女子学校教育のさきがけとなった女性たちの絆と友情を描く物語です。主人公は恵泉女学園設立者の河合道とその一番弟子の渡辺ゆり。10代半ばの女性にとって、これからの指標となりそうな名言が、至るところにちりばめられています。

no.1
  • Rakuten

yagami

博士の記憶の時間は90分しかない所にお手伝いさんとその息子が来るお話です。限りある時間のうち、何を伝えることが大事か教えてくれた本です。

no.2
  • Rakuten

かいちゃんさん

辻村深月さんの、こちらの本をおすすめします。本屋大賞もとったことがあり、ベストセラーです。大人でも満足できる、学校の本です。

no.3
  • Rakuten

エイム(40代・男性)

主人公は15歳の少年!この村上春樹さんの長編小説海辺のカフカは、一章毎に人物が異なるので長編でもサクサクと読める素敵な冒険小説♪15歳のカフカ少年の心の揺れ動きが繊細に描かれた、プレゼントにも喜ばれるお勧めの一冊です。

no.4
  • Amazon

あみーみ(40代・女性)

子供が読みやすいように哲学的な内容を噛み砕いて記してあります。自分の根幹部分に関わるところがすっきりと整理できる本です

no.5
  • Rakuten

ヤギヌマ(40代・男性)

中学を卒業される姪御さんへ贈るのにお勧めの本で、哲学や対話するキャリアなどの本になり、人生像や将来像について考えていきやすい本になります。人生について参考になることが多く踏まえられていて、きっと高校になってからも役に立つことが多く掲載されていると思います。

no.6
  • Amazon

Kelly(40代・女性)

マリーアントワネットの小説がおすすめです。貴族生活の華やかさも分かり、王政制度から自由主義に変化する過程の人が生きるとはどういうことか?ということも考えさせられます。

no.7
  • Rakuten

ヤギヌマ(40代・男性)

プルーストの「人と思想127」という本で、中学を卒業される姪御さんへ贈るのにお勧めの本になります。哲学の本で、学生さんの年代の女の子の人生を形成しやすい大切な内容になっています。

no.8
  • Amazon

グラスマン(60代・男性)

ベストセラー作家、東野圭吾の「放課後」です。高校を舞台にしたミステリー小説。とても読みやすいと思います。江戸川乱歩賞を受賞したデビュー作ですよ。

no.9
  • Amazon

もりぶん(20代・女性)

中学校を卒業し高校生になる時期は、色々と人生で悩む時期でもあります。そんな年頃に読む本としてぴったりです。幸せな自信を育て、自分を好きになるヒントを得られます。

no.10
  • Amazon

グラスマン(60代・男性)

朝井リョウのベストセラー小説「桐島、部活やめるってよ」です。映画化にもなった人気作ですし、高校が舞台なので、姪御さんにぴったりだと思いますよ。

no.11
  • Amazon

丸パンダ(40代・男性)

中学生の卒業祝いで本をプレゼントということでしたら、こちらのリトルDJをおすすめします。昔、映画化もした感動作で読み終わる頃には涙が止まらない作品です。子供から大人になる時期に読むと人生観も変わるかもしれません。

no.12
  • Rakuten

こぐまたん(50代・女性)

一言でいえば、命の大切さを教えてくれるミステリーサスペンスです。ある女性教師が突然娘を失うことに。話が進むにつれ、どんどんなくなった経緯が明るみに。真相を知った女性教師が仕掛ける復讐とは。という内容です。重たい内容かもしれませんが、思春期を迎える時期だからこそ読んでもらいたい一冊です。

no.13
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

18世紀フランス啓蒙主義の思想家として有名なヴォルテールの小説。というと小難しそうに思われるかもしれませんが、こちらは奇想天外な冒険譚。軽妙洒脱な翻訳でぐいぐい読ませてくれます。主人公は純粋無垢な青年で、世界を放浪して大変な目にあわされるのですが、同行する師が「今起きていることは全てよいことなのだ」という思想の持ち主で……「正しく疑う」ことがますます重要になるこの先の羅針盤になってくれるでしょう。

no.14
  • Rakuten

かいちゃんさん

今年映画化になるこちらの小説。少し重いですが、中学生なら大丈夫だと思います。考えさせられる内容なので、家族で読んでみてもいいと思います。

no.15
  • Amazon

グラスマン(60代・男性)

人気作家、恩田陸の『夜のピクニック』です。高校の歩行祭をモチーフにした青春小説です。姪御さんにぴったりだと思いますよ。

no.16
  • Amazon

グラスマン(60代・男性)

美しい写真を網羅したフォト名言集「きみを自由にする言葉」です。中学生の卒業祝い用にぴったりだと思いますよ。

no.17
  • Amazon

あみーみ(40代・女性)

中学生の頃に一度読んでおくと何かしら心に残ると思いますが何年か後にまた読むとまた違った感動がある本です

no.18
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

最近次々とヒットを飛ばしている小説家、柚木麻子さんの『らんたん』。このままNHK大河ドラマになりそうな大河小説で、明治から大正、昭和と、「女に学問は不要」と言われた男尊女卑の時代に、女子学校教育のさきがけとなった女性たちの絆と友情を描く物語です。主人公は恵泉女学園設立者の河合道とその一番弟子の渡辺ゆり。10代半ばの女性にとって、これからの指標となりそうな名言が、至るところにちりばめられています。

no.19
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

『モモ』で知られるドイツの作家、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。文庫で上下2冊です。学校でも家でもつらい思いをしている読書好きの少年が、いじめっ子から逃げている途中に駆け込んだ古書店で『はてしない物語』という本に出会います。主人公はこの本の中に入り込み、やがて本の物語が現実を変えていきます。人間の善と悪や可能性について多くを語る小説で、現代の作家の多くがこの作品を参照しています。

no.20
  • Rakuten

ここあんこう(40代・男性)

高校デビューを言葉選びで失敗しないための言葉の言い換え図鑑です。世界一受けたい授業でも紹介された今も話題の本です。

no.21
  • Rakuten

ヤギヌマ(40代・男性)

「博士の愛した数式」という本で、中学生を卒業される姪御さんへ贈るのにお勧めの本になります。頭の勉強になる本で、高校へ進学しても参考になりやすいことがたくさん記載されています。

ランキング内で紹介されている商品

  • ※ocruyo(オクルヨ)に寄せられた投稿内容は、投稿者の主観的な感想・コメントを含みます。 投稿の信憑性・正確性を保証することはできませんので、あくまで参考情報の一つとしてご利用ください。

登録無料

口コミを投稿して
ポイントをもらおう!

ocruyo(オクルヨ)は、質問に対してみんなのおすすめを投稿し、 ランキング形式で紹介しているサービスです! 会員登録(無料)すると、あなたも質問に回答できたり、自分で質問を作ったりすることができます。 質問や回答にそれぞれ投稿すると、Gポイントがもらえます!(10G/質問、1G/回答)

※Gポイントは1G=1円相当でAmazonギフト券、BIGLOBEの利用料金値引き、Tポイント、セシールなど、130種類以上から選ぶことができます。