本ページはプロモーションを含みます
  • 一生に一度は読むべき本!大学生の心に響くおすすめの本を教えてください。
    決定
  • 一生に一度は読むべき本!大学生の心に響くおすすめの本を教えてください。

友達へのお礼に、本のプレゼントをしたいです。みなさんが大学生の頃に読んで心に響いた本や、これは一生に一度は読むべき!というおすすめの本を教えてください!

ocruyo(オクルヨ)編集部

    • 最終更新日:2024/01/26
  • 1717View 20コメント
no.1
  • Amazon

あみーみ(40代・女性)

世の中の荒波を自分の個性を生かしながらまた他人と交わりながら乗り切るこれからの基本が描かれていてとても勉強になります

no.2
  • Rakuten

ヤギヌマ(50代・男性)

オーディオブックCDタイプになり、「常識を打ち破る人生哲学77」という本になります。哲学がいろいろと紹介されており、自分に当てはまる哲学が見つかりやすいので、人生が前向きになりやすくていい本になります。良好な関係を保つお友達へのお礼用としてお勧めです。

no.3
  • Rakuten

ヤギヌマ(50代・男性)

東野圭吾さんの長編本格推理小説で、一生に一度は読んでサスペンスの面白さを学ぶのにお勧めの本になります。推理や考察などが斬新で、今までに見てきたサスペンスを凌ぐストーリーに感動します。頭を逆転させて考えて読むと面白いです。

no.4
  • Amazon

ゆたぽん2(70代・男性)

ドストエフスキーの作品は一度は読むべき。『貧しき人々』は彼の初期の作品だが心を揺さぶられる力を持っている。『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』といった後のだれでも知っている作品の導入書として最適。ドストエフスキーの世界の一端に触れることができる。

no.5
  • Rakuten

blé

大人気!!お笑い芸人「EXIT」の兼近大樹さんが書かれた小説「むき出し」はいかがですか?兼近さん自身が経験した事や体験した事が感じられますし、1ページ目から面白いので、絶対にハマると思います!!芸人さんが書く小説はまた違う面白さがあり、何回読んでも面白いですよ!!

no.6
  • Aupay

やすぞ(40代・男性)

戦前にブラジルに渡り、苦悩しながら生きた若者の話です。環境は違えど、社会に出たら、大なり小なり辛いことがたくさんあります。主人公の若者は全ての問題を解決したわけではありませんが、励まされる物語です。

no.7
  • Amazon

エイム(40代・男性)

大学生だからこそ読める長編小説!いまだにファンの多い村上春樹さんの名作ねじまき鳥クロニクルは三部作で大ボリューム♪心の中に入っていく読書の醍醐味を存分に味わうことができる、大学生のうちに読んでおくと心に沁みるおすすめの名作です。

no.8
  • Rakuten

bells(50代・男性)

『ソクラテスの弁明』がおすすめです。哲学に興味がない人でも、一般教養として読んでおくべき永遠の古典だと思います。「よく生きる」とはどういうことなのかを考えさせられます。

no.9
  • Amazon

バカボンパピー(50代・男性)

7つの習慣は、あらゆる啓発本の原点のような本で読んで実践する価値がありますが、人気の名著は、難しかったりするので漫画で学んでみたらいいきっかけになると思います。

no.10
  • Amazon

あみーみ(40代・女性)

全てのネガティブで不幸な出来事も考え方次第で未来への目標や楽しいことに変わりますのでそのような視点をわかっから身に付けられるこちらの方をお勧めします

no.11
  • Amazon

のいあ(40代・女性)

これから社会に出る人に読んでほしい本です。この本を読んでおいた方がずっと働きやすくなると思います。

no.12
  • Rakuten

もりぶん(20代・女性)

筆者のさまざまな経験、そこから得た学びを吸収することができます。題名の通り、20代で読むべき本です。人生において新たな気づきが得られます!

no.13
  • Rakuten

nanacoco(40代・女性)

マンガ家として有名な西原さんですが、元旦那さんはアルコール依存症で亡くなっています。大学生ということでお酒を飲むことが多いかもしれませんが、一度お酒について考えてみるのもいいかもしれません

no.14
  • Amazon

グラスマン(60代・男性)

「20代の生き方で人生は9割決まる!」です。大学生のうちに読んでおくと、社会に出た時の準備がしっかりできるので、とても役に立つと思います。

no.15
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

今年、ロシアによる一方的な侵略で世界的な注目を集めているウクライナ。流血はまだまだ続いていますが、そもそもなぜ、ということを押さえておかないと、先の見通しの立てようもありません。この本は、近年明らかになったことを含め、大量の資料から、第二次大戦時に、ウクライナなどドイツとソ連に挟まれた地で起きたことを詳細に分析した本。時間と頭に余裕のある学生のうちにこういう衝撃を受け止めておくのがよいでしょう。

no.16
  • Rakuten

ちゃゆ(50代・女性)

アメリカの「鋼鉄王」カーネギーの名著「人を動かす」はいかがでしょう?生きていく上での人間関係の原則を実践を交えて書き記したものです。いかに人に好かれて人を動かせるような人間になるかということの参考になる一著です。社会人になる前に読んでおくと良いと思います。

no.17
  • Rakuten

ここあんこう(40代・男性)

学校では教えてくれないお金のことが学べる2000年代のベストセラー作品です。時代に合わせて加筆されている部分があるので現代でも通用すると思います。

no.18
  • Amazon

みかんの花(50代・女性)

大学生のときに読んでよかった本といえば、マックス・ウェバー(ウェーバー)ですね。時間と精神に余裕のある学生のときじゃないと読めないです。ウェバーといえばこちらの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」、略して「プロ倫」で、現代の資本主義の基礎がどこにあるのかを考察した名著です。少々難しいのですが、新書などで解説本も何冊か出ているので、必要なら併せて読まれるとよいでしょう。

no.19
  • Rakuten

nanacoco(40代・女性)

著者の高野さんは二十歳で鉄道自殺をしています。学生闘争など今の若い方は知らないと思うので、当時のリアルな女学生さんの気持ちを考えられる本です

no.20
  • Amazon

kuraki(50代・女性)

スティーブン・R・コヴィー著【7つの習慣】をお勧めします。日本語版の初版が1996年の、人としての在り方・生き方を説いた名著です。私が読んだのは20年以上前ですが、「蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない。」という文章は未だに覚えています。写真は私が今も持っている旧版で、これから読むなら完訳版の方がいいかもしれません。とっかかりとしては漫画版もあります。

ランキング内で紹介されている商品

  • ※ocruyo(オクルヨ)に寄せられた投稿内容は、投稿者の主観的な感想・コメントを含みます。 投稿の信憑性・正確性を保証することはできませんので、あくまで参考情報の一つとしてご利用ください。

登録無料

口コミを投稿して
ポイントをもらおう!

ocruyo(オクルヨ)は、質問に対してみんなのおすすめを投稿し、 ランキング形式で紹介しているサービスです! 会員登録(無料)すると、あなたも質問に回答できたり、自分で質問を作ったりすることができます。 質問や回答にそれぞれ投稿すると、Gポイントがもらえます!(10G/質問、1G/回答)

※Gポイントは1G=1円相当でAmazonギフトカード、BIGLOBE利用料金のお支払い、Pontaポイント、各種金融機関など、お好きな交換先から選ぶことができます。