ocruyo(オクルヨ)
本ページはプロモーションを含みます
  • Amazon

みんなのおすすめコメント(全3件)

みかんの花(50代・女性)
2023/09/20

世界的に、事実などどうでもよくて思想が優先される政治が増えつつある中、世界情勢もここ数年で一気に変化してきました。そういう時代だからこそ読みたいディストピアものの古典、レイ・ブラッドベリの『華氏451度』。本が禁止され本が燃やされることが当たり前の時代を描いたフィクションの名作です。アメリカの学校図書館で何かと理由をつけて本が次々と禁止されている現実と照らし合わせて読むと、切迫感が感じられます。

みかんの花(50代・女性)
2022/03/07

『西の魔女が死んだ』は私もお勧めです。同じ本をお勧めしても仕方ないので、マンガなどでも頻繁に言及・参照されている超名作の『華氏451度』をお勧めします。本が禁止された世界というものはなかなか想像しがたいかもしれませんが、現在、現実に隣国ロシアで言論の自由が著しく統制されつつあります。その文脈でこの作品を読んでみることで、新たな手掛かりがえられるのではないでしょうか。翻訳が読みやすく見事です。

みかんの花(50代・女性)
2022/02/15

漫画やアニメでも頻繁に参照されているし、ネットでもよく言及されている『華氏451度』。書かれたのは1953年で、アメリカの作家の作品の翻訳ですが、内容が、21世紀の今読んでびっくりするほどリアルに感じられるし、2014年に出たこの版の新訳は非常に読みやすいので、本をあんまり読んだことがないけど漫画やアニメや映画は好きだという方にお勧めです。時代を超えて読み継がれる名作の威力は、すごいです。

華氏451度〔新訳版〕

急上昇ランキング

回答受付中の質問

もうすぐ終了