ocruyo(オクルヨ)
本ページはプロモーションを含みます
  • Rakuten

みんなのおすすめコメント(全2件)

donmai
2022/05/04

青萩焼きの徳利とお猪口はいかがでしょうか。渋い器で楽しむお酒は別格の旨さだと思います。

荒野の素浪人(60代・男性)
2020/05/22

山口県の萩焼は如何ですか。1604年に開窯、現在まで発展を続けています。土の風合いを活かした素朴さに加え、釉の艶やかさ、貫入(ヒビ)の模様、そして使うほど変化する色合いが特徴です。「貫入」とは焼入れの際にできる土と釉の収縮差による細かなヒビで、そのヒビに水分が浸み込み、使い込むほど、色合い風情が出てくるというもの。以前は素焼きタイプがメインでしたが、最近は、青のグラデーションタイプも出てきました。

萩焼 萩陶苑 青萩お預け酒器 清玩作 木箱 徳利:約φ9.0×H13.0cm(380ml) ぐい呑:約φ6.5×H5.0(80ml)×2 【焼き物/陶器/日本酒/お猪口/61157】

急上昇ランキング

回答受付中の質問

もうすぐ終了